アドセンスやアフィリエイト広告の一括管理

アドセンスやアフィリエイト広告の一括管理

アドセンスやアフィリエイト広告を一括管理(削除・貼り替え・訂正)する方法!SIRIUS2なら、簡単です。一括張替えできます。いちいちページを開いて確認しなくていいんです。

アドセンスやアフィリエイト広告の貼り方|一括管理

広告の一括張替え

アドセンスコードやアフィリエイト広告を一括管理(削除・貼り替え・訂正)する方法
このページは簡単バージョンです。

 

まずは、通常のアフィリエイト広告と個別に貼るアドセンス広告コードの場合です。
SIRIUS2のフリースペースを使います。

 

※個別に貼るアドセンス広告コードは、前後を<noreturn></noreturn>で囲むと良い場合があります。(←半角英数字に直して使ってください。)

 

↓詳しいやり方は、こちらのページの目次から「アフィリエイト広告リンクの一括設置・交換・削除が出来る」をご覧ください。↓
アフィリエイト広告を一括管理(削除・貼り替え・訂正)する方法

 

SIRIUS2 広告一括管理

 

アフィリエイト広告を一括管理(削除・貼り替え・訂正)する方法|簡単バージョン

文字にすると、大変そうですが、手順に沿ってやってみると簡単です。

 

SIRIUS2の機能の「フリースペース」を使います。

「全体設定」→「フリースペース」→「左メニューで掲載位置を選ぶ」→「新規作成」→「アフィリエイトコード貼り付け」→「保存」です。

 

後は、保存して、サイト生成して、アップロードします。

 

 

アフィリエイト広告コードをサイトから一括削除する方法

アフィリエイト広告を貼った時と、ほぼ同じです。

 

「全体設定」→「フリースペース」→「左メニューで掲載位置を選ぶ」→「掲載中の広告欄をクリック」→「右上の削除ボタンを押す」

 

 

掲載アフィリエイト広告訂正修正をする方法

「全体設定」→「フリースペース」→「左メニューで掲載位置を選ぶ」→「掲載中の広告欄をクリック」→「編集バーの編集をクリックして修正」→「保存」
です。

 

フリースペース・広告貼り付けとサイトでの表紙位置

(PC表示です)
フリースペース・広告貼り付けとサイトでの表紙位置

 

SIRIUS2特定のページで、広告を表示させない方法

こちらをご覧ください。
特定のページで、広告を表示させない方法

 

オート広告タイプのアドセンスの貼り方の例です。

二つの方法があります。

1.
「全体設定」→「アクセス解析タグ」
SIRIUS2の全体設定
全体設定をクリックします。

 

そして、
「アクセス解析タグ」の枠に、オートタイプのアドセンスコードをコピペします。

 

2.
「全体設定」→「詳細設定」→「2段目の枠 </head>タグ前に挿入する内容」
SIRIUS2 全体設定ボタン
全体設定をクリック

 

</head>タグ前に挿入する内容
2段目の「</head>タグ前に挿入する内容」の枠にオートタイプのアドセンスコードをコピペします。